手作りピンホール太陽観測機「ミックスナッツ」で太陽を観察!

ピンホール太陽観測機「ミックスナッツ」
ピンホール太陽観測機「ミックスナッツ」

先日の「金環日食」の為に制作した『太陽観測機ミックスナッツ』
日食当日は曇りのため出番がなかったのですが、どうしても使いたくて。。。

ミックスナッツで普通に太陽の観察をしました!
夏休みの自由研究気分♪

太陽観測
確かに映っています!
太陽ですよ。丸く立体感があるように見えます。

太陽アップ
紙に映し出された太陽の大きさは「1cm」。
頑張って作ったのに、思ったより小さい。(-∀-`; )
実は、この大きさはピンホールと映し出す紙の距離によって決まります。

太陽観測機使用中
この太陽観測機ミックスナッツはその距離100cm。
そうなんです。距離の「1/100」の大きさで映し出されるんです。

大きく映し出したい場合は、もっと長い観測機を作らなければなりません。

そして、もう一つ気になることがありました。
筒を使用したところです。

観察中、筒は持ちやすくて良かったのですが、
細い分、角度が少しでも変わるとすぐに見えなくなります。

角度を微調整しながら「やっと紙に映った!!!」と思い、
のぞき窓を見ようと体を少し動かすと見えなくなったり。。。(-∀-`; )

ま、それも自由研究の楽しいところでしょうか。

生まれて初めての手作りピンホール体験。楽しかったです。
段ボールがあれば是非お試しください(^^)